手作りの映画祭、ワイヘケ島と 気仙沼市大島のさらなる絆

Eva Blok

「いつもの日」をテーマに、オークランド市(ニュージーランド) のワイヘケ島と宮城県気仙沼市の大島から集められた”手作り”の動画作品の数々が、先週日曜日(4月9日)両地で同時双方向通信も交え、ミニ映画祭として大成功を納めた。イベントでもひと役買った気仙沼市の菅原市長は、「大津波と言う不幸な事がきっかけだったとは言え、地球の裏側同士で友情を育むことは(復興の道程で)掛け替えのない価値となる」と称賛した。

両地の素人もプロも、テーマである「いつもの日」に添って、普段見逃しがちなありふれた日常にスポットライトを当て、 改めて自己のライフスタイルをカメラを通して見つめ直す 機会となった。イベント当日、50人を超える満席であったワイヘケ島のコミュニティ映画館では午後4時に、気仙沼市の会場となった海洋博物館では午後1時に、同時開催され参加者はまさしく臨場感のある出来事として、文化と距離の隔たりを超え其々の動画をお互いに披露し合った。

PROJECT Chiyo-ni Japan

プロジェクト千代にジャパン は、東日本大震災で被災されは人々の心の支援をしてゆくユニークな取り組みです。プロジェクトはその立ち上げ当初から、当時最大の課題であった物資の必要性からは間をおき、その焦点を被災された人々の心的な支えにのみに絞り込みました。そして、まずは気仙沼市近郊とその隣接島である大島に住む々の人々との絆作りに重点を置いて来ました。ニュージーランド人を中心とするこのプロジェクトは、こうした考えに賛同してくれる人の輪を他の国にも拡げていて、希望と友情、そんな形にならないものを作って行くことを、そのイニシアチブとしています。また、ここニュージーランドも火山国として、地震、津波の脅威と共にあります。東日本震災わずか数ヶ月前のカンタベリー地震で災害を被ったクライストチャーチも未だ復興の途上にあり、また近年のカイコウラ地震と、こうした連帯感の上で、私たちをはじめとする国際社会は、東北地方の人々の大きな痛手を忘れてしまうことはないのだと云う事を、一人ひとりに伝えていきたいと考えています。